22.2.18

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:母と娘  Mangaccia Genitori bocciati: Madre e figlia

Che cos'e' il Mangaccia?

Un giorno, all’improvviso… Ah! Mi sento osservata!!!
1. ある日、突然…
ヨウコ
「はらっ、なんか見られてる感じがする!」

… era Milenina.
2. それはミレーナちゃんでした。
口尖らせて集中してヨウコをガン見してます。

Un altro giorno, nel lettino di Milenina... E quello? Sembra un chicco di uvetta!
3. そして別の日、ミレーナちゃんのベッドにて…
ヨウコ
「はら、これは?
なんか、レーズンっぽいで!」

Era solo un pezzettino di pupu’ che è scappato dal pannolino!
4. ヨウコ
「こ、これは小さいウンチやったわ!
オムツから逃げ出したんやわ!」

Una notte, Yoko si sveglia e vede Milenina… Non ha freddo?
5. ある晩、ヨウコはふと目が醒めて
ミレーナちゃんとこへ行きます。

ヨウコ
「はら、寒ないんかいな?」

...così Yoko riempie di pupazzi e bambore il lettino. Cosi va bene!
6. そう思ったヨウコは
ミレーナちゃんの周りに
ぬいぐるみとお人形を詰め込むのでした
「これでええ!」

15.2.18

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:無駄な嘘  Mangaccia Genitori bocciati: Una bugia inutile

Che cos'e' il Mangaccia?

Di solito, Giova-chang prende una pillola appena torna a casa. Cioe’ prima della cena.
1. いつもジョバちゃんは
家に帰ったらすぐにお薬を飲みますねん。
つまり、夕食前ですねんわ。

È una pillola per l’acidità di stomaco che mi fa venire la mia dolce mogliettina. Per questo la prendo appena rincaso: per lo stress di beccare subito Yoko! Capito?
2. ジョバちゃん
「これはな、胃酸の薬やねん。
僕の奥さんがいっつも僕にストレス
ガンガン与えるやろ。
せやから家に帰ったら
ホンマにすぐに飲まなアカンねん。
分かる?」

Ma a Yoko racconta una storia diversa... È un farmaco per i disturbi intestinali. Così posso fare la pupù bene! Ah, si. Poco interessata!
3. しかしヨウコにはこう語るのでした…

ジョバちゃん
「あんなこれ、腸の薬やねん
ほら、僕のウンチ固いやろ?」

ヨウコ
「あ、そ」
ってホンマ、興味なさそうです!

8.2.18

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:妄想合戦  Mangaccia Genitori bocciati: La gara della megalomania

Che cos'e' il Mangaccia?

Sapete già della megalomania di Yoko... Che discorso farò alla cena per il premio Nobel? Sono certa che il mio mangaccia abbia salvato il mondo e risolto tutti i problemi dell’umanità!
1. さて皆さん、もうご存知ですね
ヨウコの妄想…

ヨウコ
「ノーベル賞の晩餐会なぁ
一体何喋ったらええかな?
くちゃくちゃ漫画って
世界を救っちゃったし
人類のあらゆる問題を解決しちゃったもんな!」

...ma anche Giova-chang vive in un mondo di fantasia tutto suo, infatti... Ah, Yoko sta cucinando…
2. しかし、ジョバちゃんもまた
ジョバちゃんだけの
想像いっぱいすぎる世界に住んでいるのでした…

ジョバちゃん
「あ、ヨウコ、料理しとう…」

Ah… Yoko…
3. ジョバちゃん
「あ、ヨウコいうたら…」

… non mi ha dato una coltellata anche se aveva un coltello in mano. Allora mi ama!!! Pronta la cena!
4. ジョバちゃん
「ヨウコ、包丁持っとんのに
僕のこと刺さへんかったわ!
ほな、僕のこと愛してるんやわ!!!」

ヨウコ
「ご飯できたで!」

A tavola... Ah… Yoko…
5. そして食卓にて…
ジョバちゃん
「あ、ヨウコ言うたら…」

… non mi ha avvelenato. Allora… allora mi vuole bene! Hai finito o no?
6. ジョバちゃん
「ヨウコ、僕に毒盛らへんかったわ
ほな、ほなやっぱり
僕のこと、好きなんやわ!」

ヨウコ
「食べたんかいな
どないやねんな?」